ワーキングマザーの日々の思い、読書とPCと大学生(母)日記など
私の頃の大学は、
4年のうち半分の2年間が教養課程で、
やっと入学しても専門的なのがなくてガッカリ
代返とかしてもらったりして、結構適当。

しかし…娘に聞くと様子が随分違います。
今は離れて生活しているので、常に見ているわけではないのですけれども
話を聞く限り相当違ってます。

私とは学科も違うし、公立と私立では違うのでしょうか
あるいは国家試験の合格率の為か…?
頑張ってくれています。

担任+数名ずつ受け持つ担当の先生
毎週の小テスト
前期試験の赤点だった人は、夏休み明けに追試 等

前期試験は、間に週末を2回挟んで、のべ3週間。
8月初旬までかかってました。
試験前数週間、大学受験以来、連日遅くまで勉強したそうです。



また、入学式とは半年ずれて、秋には親の後援会の総会
小中高のPTA活動とは随分と違っていて
教育内容にも口出しする会のようです。

親の仕事を継がせる方々の必死さがあるのかな

ちょっと、遠いのですが、最初なので行ってみようと思います。



にほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へ
にほんブログ村

関連記事
web拍手 by FC2

FC2blog テーマ:大学 - ジャンル:学校・教育

【2016/08/20 22:41】 | 子ども
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック