ワーキングマザーの日々の思い、読書とPCと大学生(母)日記など
松岡圭祐さんの本、新刊が出るたびに買っているのだけれど
急に近代史モノになって、歴史が苦手で(^-^;
『黄砂の籠城』は、かなり早いところで、大量死、大量の血…
松岡圭祐さんの作品で過去に読んだ『千里眼の復讐』のトンネル内での血の海を思い出しました。
あのときも途中保留してしまったのでした。
  http://mimi9sayaka.blog14.fc2.com/blog-entry-427.html
  http://mimi9sayaka.blog14.fc2.com/blog-entry-438.html

しばらくは、「人の死なないミステリ」とかで、すっかり安心(?)しきっていました。
気づかなかったけれど、角川から『探偵の探偵』以降は講談社になったんですね
見返したら『探偵の鑑定』、『水鏡推理』、なんと『万能鑑定士 最終回』まで!
そして『黄砂の籠城』以降、『シャーロック・ホームズ対伊藤博文』、『八月十五日に吹く風』と
近代史モノ。今後は近代史モノが続くのでしょうか。



自分のつけたの数
今月は74だと思います。
夏休みで沢山読んだのと、ダブルカウントのものがあります(^-^;

Sayakaの本棚 - 2017年08月 (18作品)
去就: 隠蔽捜査6
去就: 隠蔽捜査6
今野敏
読了日:08月01日
評価5

サバイバル!  炎上アイドル三姉妹がゆく:マンガで学ぶデジタル時代の「人を動かす」

西川麻子は地球儀を回す。 (文春文庫)

あなたは、誰かの大切な人 (講談社文庫)

ときどき旅に出るカフェ

短編学校 (集英社文庫)
短編学校 (集英社文庫)
-
読了日:08月10日
評価3

ツバキ文具店
ツバキ文具店
小川糸
読了日:08月10日
評価4

か「」く「」し「」ご「」と「

朝ごはん
朝ごはん
川上健一
読了日:08月11日
評価3

居酒屋ぼったくり〈5〉

居酒屋ぼったくり〈6〉

居酒屋ぼったくり〈7〉

黄砂の籠城(上) (講談社文庫)

黄砂の籠城(下) (講談社文庫)

八月十五日に吹く風 (講談社文庫)

はたらく細胞(5) (シリウスKC)

はたらく細胞 1-5巻セット
はたらく細胞 1-5巻セット
-
読了日:08月20日
評価5

ローカル線で行こう!

powered by Booklog





にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

関連記事
web拍手 by FC2

FC2blog テーマ:読んだ本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

【2017/09/04 20:59】 | 読書
【タグ】 今野敏  青柳碧人  原田マハ  近藤史恵  小川糸  川上健一  秋川滝美  松岡圭祐  清水茜  真保裕一  
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック