ワーキングマザーの日々の思い、読書とPCと大学生(母)日記など

坂木司作品と言えば…人の死なないミステリー。
この作品もそうですが、それほど大きなミステリーではありませんでした。
web拍手 by FC2
主人公は、高校の天文部の部員4人。ジョー、ギィ、ゲージ、ブッチというあだ名の男女2人ずつ。1人ずつ主人公の話があって、最後は卒業後を描いた1編。
クラブ活動はたいしてなくて、活動日は観測会くらいのもの。
観測会は当然夜に行われるので、その前の炊き出しがメインのような気も。
つかづはなれずの関係だけれど、集まると団結が強く、一気にナゾ解明に動き出します。

4人は、スパイ活動をしている、という文体で、話が進んでいるので、なにか違和感を持って読んでいたのですが、3人は家族に問題を抱え、作戦を持って自立していく様子を読んでいくと、なんとなくしっくりとしてきました。
関連記事


Read More を閉じる▲
主人公は、高校の天文部の部員4人。ジョー、ギィ、ゲージ、ブッチというあだ名の男女2人ずつ。1人ずつ主人公の話があって、最後は卒業後を描いた1編。
クラブ活動はたいしてなくて、活動日は観測会くらいのもの。
観測会は当然夜に行われるので、その前の炊き出しがメインのような気も。
つかづはなれずの関係だけれど、集まると団結が強く、一気にナゾ解明に動き出します。

4人は、スパイ活動をしている、という文体で、話が進んでいるので、なにか違和感を持って読んでいたのですが、3人は家族に問題を抱え、作戦を持って自立していく様子を読んでいくと、なんとなくしっくりとしてきました。
関連記事

【2009/01/26 22:36】 | 読書
【タグ】 坂木司  
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック