ワーキングマザーの日々の思い、読書とPCと大学生(母)日記など
  

「予知夢」を書くのを忘れていたので、「探偵ガリレオ」を読んだのを機に一緒に書いておきます。

物理学者・湯川先生のガリレオシリーズです。たぶん読む順序がめちゃくちゃだと思うのですが、特に問題はないようです。
「探偵ガリレオ」の最後に出てきた「幽体離脱」の話題が「予知夢」にチラッとでてきた程度で。
どちらも短編完結型です。
web拍手 by FC2
「探偵ガリレオ」の方はテレビでやっていたものかと思います。テレビは2回しか見なかったのですが、その2つはありました。
短編ということもあり、テンポよく事態は進みます。「探偵ガリレオ」の方が物理ネタが多い感じです。
実験のところなんかは、文章だけよりかはドラマみたいに映像だった方がわかりやすいところもあるのでしょう。

元々湯川先生は佐野史郎をイメージして小説を書いたという由来で、解説は佐野史郎さんでした。私はわずかながらでもドラマを見たので、イメージはずっと福山雅治なんですが。
関連記事


Read More を閉じる▲
「探偵ガリレオ」の方はテレビでやっていたものかと思います。テレビは2回しか見なかったのですが、その2つはありました。
短編ということもあり、テンポよく事態は進みます。「探偵ガリレオ」の方が物理ネタが多い感じです。
実験のところなんかは、文章だけよりかはドラマみたいに映像だった方がわかりやすいところもあるのでしょう。

元々湯川先生は佐野史郎をイメージして小説を書いたという由来で、解説は佐野史郎さんでした。私はわずかながらでもドラマを見たので、イメージはずっと福山雅治なんですが。
関連記事

【2008/12/14 23:44】 | 読書
【タグ】 東野圭吾  
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック